自分を改善したい。向上したいと思えば。待ってます。

志望校 合格率 100%

地域密着 46年間の 実績

無から 有を 生む

自分の能力を 100% 生かす

特殊な 才能を1つ 持て!

子供の成長の過程で身につけさせていかなくてはならないことはあります。

他人に対しての礼儀作法や世の中の決まりとか規則を教えていく場合で強制することが必要なこともあります。

就学前に知ることの喜び、知ることの面白さ、を身につけた子どもは、小学校へ入学してからでも情動の安定性や授 業を受ける態度に問題は少ない。

チャイルド脳伸学園で身につけること

  • 1
    先生の話すことを一生懸命に聞くことができる。
    質問する積極性をもっている。
  • 2
    幼児から夢中になる対象を持っている子供に育っている。
    大人から強制されないで進んで没頭する対象がある。
  • 3
    子供の長い将来を考えたとき「教えこむ」ことよりも「知ること」の面白さ、楽しさを実践で体験を積み重ねている。
  • 4
    知的なことの習得も、自己統制能力や自発性を身につけた後に自分から積極的に意欲をもって行動でき成果が上がって自信を持つようになる。
  • 5
    学校教育のなかで、一定の水準以上の学力や目標に向かって伸びていくために必要な項目は知って行動できる「わかる」から「できる」力がついている。
  • 6
    複数の知性をまんべんなく幼児の頃から育てることで、教育の「育てる」「育つ」の基本ができています。
  • 7
    適切な環境がなければ伸びる子供も伸びません。
    環境要因の大切さについて親の意味理解を深めています。
  • 8
    私立校、国立校、公立校の小・中・高は目標校に全員合格。
  • 9
    教育は積み重ねです。基礎がしっかりとしていませんと、その上に建物もしっかりしたものができません。
  • 10
    幼児期は、知性の高まりと、情動の深まりが縦糸と横糸となって織りなされるように細かく指導対応することが大切です。