算数嫌いが小2の今は得意科目【神戸市の保護者様】

小学校2粘性の娘は、チャイルドに通わせて頂いて3年近くになります。
幼稚園の頃は、数を数えようとするだけで嫌がって私の口を塞ぎ、
入学してからも「算数きら~い」と言っていた子が、授業参観日の自己紹介で、
「私の得意な科目は算数です。」と言いました。私はびっくりして思わず
吹き出しそうになりながらも我が子の成長を実感しました。
なんとなく自身なさげで、見ていて不憫に思うこともじれったいこともありました。
しかし今は、繰り返してやればできるという有能感を得はじめ、それが自信に繋がっているんだと思います。
目先の成果にとらわれ、無理強いするのではなく、「知識を入れるためのに必要な器をつくる」という
先生のお言葉を常に念頭におくように心がけています。

親だから、という理由で子どもを力でねじふせるのではなく、親子で話し合った上で日々の計画を立て、
失敗したらまた話し合う・・・この繰り返しを実践しています。
そうしてゆくうちに、いつか自分で人生の目標をみつけ、
それに向かって努力していける人間に育ってくれるでしょう。

社会に貢献できる、自立した大人に育っていってくれることを楽しみに、
これからもがんばっていこうと思っております。