9ヶ月で入園、楽しそうに通園しています【住所非公表 保護者様】

チャイルド脳伸学園に入園して、3年目になりました。「乳幼児の精神面、情緒面の体得が、
児童期の学習の土台となっていきます」という園長先生のお話に共鳴し、当時9ヶ月だった娘を
入園させまshた。また、「乳幼児期の語り聞かせは子どもの発育に大事なことです」という
園長先生のお話を聞いて、語り聞かせをしてからねかせるようにしています。
語り聞かせを始めてから娘は人の話をよく聞くようになり、また創造力も豊かになったような
気がします。

チャイルド脳伸学園は、個々の能力に応じてカリキュラムを組んでくれるので娘は無理なく
楽しそうにやっています。子育てで不安になったり、悩んだりした時は先生に適切なご指導をいただき、
前に進むことができました。よく園長先生がおっしゃっている、「チャイルドという一本のレール、
家庭という一本のレール。その日本のレールの上に子どもという列車を走らせなければいけません。
どちらか片方のレールが壊れてはいけない」という言葉を肝に銘じて、
これからも楽しく子育てをしていきたいと思います。