わが子の成長に合わせた指導に感謝【京都市 保護者様】

早いもので、娘がチャイルド脳伸学園に入園して4年目を迎えることになりました。
今日、改めてチャイルド脳伸学園、岡田会長ほか先生方のご指導の下ですごさせて頂いて
いますことに心から感謝しております。私はチャイルド脳伸学園を知る以前は、
英才とか天才と評価を受けていらっしゃる方々の能力は遺伝や血縁の結果だと思っていました。
ところが3歳でピアノを演奏したことで有名な天才音楽家モーツアルトの幼児期を調べてみますと、
彼の父親が非常に計画的に熱心に育成していたことを知りました。
生まれつきのてんさいだったのではなく生まれてからの恵まれた教育、環境によって類まれな才能が
育まれたということです。そしてその逆もあり、アマラ・カマラという狼少女のように生まれたばかりの
赤ん坊が獣の下で育てられた場合はその環境によって人間の子どもが狼にも変じてしまいます。

このような例から考えますと、一番大事な成長期に他にはない成長にあわせた素晴らしい頭脳開発指導を
受けられますことを幸せだと痛感しております。私自身、親としてよいレールが引けるよう努力して
いきたいと思います。しかしときには間違ったレールをひきこともあるでしょう。
子どもは正直です。親が間違えば、必ず結果として子どもにも現れることでしょう。
その度、明確にご指導していただき私も反省し、親子ともども成長していきたいと思っております。
そして愛娘には、最終地点である社会人として、人として社会に貢献することのすばらしさを感じられる
愛情溢れる人生を送って欲しいと母親として切に願います。